除毛クリームのメリットとデメリット!使用前に知っておくべき肌トラブル対策について

除毛クリームのメリットとデメリットは?絶対知っておくべき解決方法についても解説
こんな人にオススメの記事
  • 肌にやさしい除毛クリームを知りたい
  • どの方法で除毛しようか迷っている
  • 除毛クリームを使ってみたいけど肌トラブルが不安

本当は脱毛に行きたいけど、お金ないし痛いって聞くし通うの大変だし‥手軽に使える除毛クリーム使おうかな。でも、効果ってどのくらい続くの?

明日彼女と遊ぶから急いでムダ毛の処理しておきたい!でもあんなに一瞬でツルツルになるから肌に悪いのかな?

こんな心配はありませんか?

よく見る除毛クリームを使った動画でも怪しそうに感じるし、メリットはわかったけど、デメリットはどうなの?

販売サイトには「肌に優しい成分」や「低刺激」など謳っているけど実際はどうなの?

ぴょんす

ということで、実際のところ除毛クリームを使った後、起こりうるデメリットやメリットについて解説していきます。

この記事を読めばわかる

・除毛クリームのメリット&デメリット
・そのデメリットの解決方法
・オススメの除毛クリーム

目次

まずは除毛クリームについて知ろう

除毛クリームについて解説

除毛クリームは、体毛を溶かす有効成分をつかって不要なムダ毛を取り除く方法で、手軽で便利さゆえに男女問わず使っている人が多くいます。

ぴょんす

除毛クリームのメリット・デメリットなどを知って自分は使う価値があるか判断しよう!!

ここでは、除毛クリームについてメリットや使用するシーンなどについて触れていきます。

どのような仕組みで除毛されている?

どのような仕組みで除毛されている?

除毛クリームは、有効成分の”チオグリコール酸カルシウム”という成分を使いたんぱく質を溶かすことで除毛します。

”毛の主成分はたんぱく質”

クリームを塗布してから数分(10〜15分のことが多い)で成分が染み渡り、毛が柔らかくなり抜け落ちます。

その後、ペーパーなどでふき取ることでキレイに除毛ができます。

ぴょんす

人によって違うけど、だいたい1週間前後はキレイな状態をキープできるはず。

常にキレイにしていたい人には向かないと思います。ずっとムダ毛のないキレイな状態にするには定期的な使用が必要となることが多いです。

カミソリと比べて肌への負担はどう?

除毛クリームとカミソリの比較

次は、ムダ毛の処理アイテムとしてよく比較されるカミソリと除毛クリームを比較していきます。

カミソリの特徴
カミソリは手軽に利用できる方法で、毛を表面から切り取ることで除去します。即効性があり、素早く処理できます。
カミソリの負担
カミソリは毛を表面から切るため、毛根はそのまま残ります。そのため、再生した毛は比較的早く現れることがあります。また、誤った使い方や刃が鈍い場合、皮膚を傷つける恐れもあります。カミソリによる剃毛後、かゆみや肌荒れが起きることもあります。
除毛クリームの特徴
除毛クリームは毛を溶かす有効成分を利用して毛を分解し、表面から溶かす方法です。手軽に使える上に、毛根からの処理ができるため、カミソリよりも毛が再生するまでの期間が長くなることがあります。
除毛クリームの負担
一般的にはカミソリよりも肌に優しいとされていますが、それでも肌が敏感な方にとっては刺激を引き起こす可能性があります。また、除毛クリームに含まれる成分によっては、アレルギー反応を起こすこともあります。特にデリケートな部位や、事前にパッチテストを行わなかった場合、肌トラブルが起きることもあります。

要するに、カミソリは表面的な処理で、効果は一時的ですが、肌への負担は相対的に少ないです。

一方、除毛クリームは毛根から処理し、効果が一時的ではあるものの、再生までの期間が延びることがあります。

しかし、肌への刺激やアレルギーのリスクも考慮しなければなりません。個々の肌質や好みに合わせて、適切な方法を選ぶことが大切です。

カミソリ除毛クリーム
毛を表面から切り取る(伸びたらチクチクする)
剃るのに少しテクニックがいる
誤った使い方や鋭い刃でケガをする事も
除毛クリームより毛の再生スピードが早い
毛を溶かす有効成分を用い、表面から毛を溶かす(伸びてもチクチクしにくい)
一般的にはカミソリよりも肌に優しいとされている
カミソリよりも毛の再生スピードが遅い

下記の記事で、カミソリよりも優れたムダ毛処理グッズを紹介しています。

除毛クリームを使うことの4つのメリット

除毛クリームを使う4つのメリット

脱毛すること・カミソリで除毛すること、それぞれメリット・デメリットがありますが、ここでは除毛クリームを使うことでのメリットを解説します。

①誰でもどこでもできる!簡単な使用方法
除毛クリームは塗って放置し、拭き取るだけで簡単に毛を取り除けるため、脱毛の手間を軽減します。特別な技術や器具が必要ありません。
ぴょんす

簡単・手軽さが最高のメリット!

②即効性!効果がすぐ確認できる!
クリームを塗ってしばらく待つだけで、毛がなくなり、ツルツルになります。全工程で20分もかからない程度。そのため、急な予定があるときや急ぎの場合にも便利です。
ぴょんす

ツルツルすぎるほど、綺麗になる!また、新たに生えてきたときもチクチクしにくくなっていますよ!

比較的低コストでできる
他の脱毛方法に比べて比較的低価格で手に入ります。美容サロンなどでの脱毛に比べて経済的な選択肢となることがあります。1つのチューブで複数回できるので、1回あたり数百円で行えます。
ぴょんす

チューブ1本がだいたい2,000〜5,000円程度のものが多いよ!

広範囲の脱毛が可能
除毛クリームは広い範囲の毛の処理に適しており、脚や腕など大きな部位の脱毛にも適しています。

使える範囲は、足・腕・脇などのボディとされています。顔に使うことは推奨されていません

全身に使えると謳う除毛クリームもありますが、消費者庁にも苦情が寄せられているようなので注意が必要!

除毛剤の使用による顔などの皮膚障害に注意!

http://www.kokusen.go.jp/news/

除毛クリームを使用する人の代表的なシーンの例

ここでは、除毛クリームがどんな場面で活躍するか、代表的なシーンを例に挙げます。

急なイベントやデート前に
突然のイベントや、プールパーティー、デートなどがある際、除毛クリームを使用して急いでムダ毛を処理することができます。急に翌日入ったスケジュールでも間に合う!
ぴょんす

僕は、どうしても短パン履きたい時に使ってたよ!

手軽な日常のケアとして
忙しい日常生活の中で、手軽にムダ毛のケアを行いたい場合に適しています。シャワーを浴びる前やお風呂上がりに利用することができます。
肌への負担を軽減したい場合
カミソリや脱毛ワックスのような方法が肌に負担をかける場合、除毛クリームは比較的肌に優しい方法とされています。
ぴょんす

カミソリ負けして肌荒れしたり、血が出たりする人も多いですよね。

広範囲の除毛に
脚や腕などの広い範囲のボディを除毛する際に、時間を節約しつつ効果的に使用できる方法。
ぴょんす

まとめて一発で綺麗に!!

こんな人には除毛クリームがオススメ!

脱毛・カミソリで処理など色々方法はありますが、「こんな人には除毛クリームがオススメ!」

という人の特徴をまとめました!

こんな人には除毛クリームがオススメ

・脱毛の痛みが怖い
・脱毛に行くお金や時間がない
・カミソリがどうしても肌に合わない
・肌を露出するような用事が近々ある

ぴょんす

このような人たちは特に、除毛クリームを選択する価値あり!!

除毛クリームの裏側に隠されたデメリットとは?

除毛クリームの裏側に隠されたデメリット

ムダ毛処理をする時の選択肢として、脱毛やカミソリなどありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

ムダ毛の手軽な処理方法として広く使われている除毛クリーム。

しかし、その簡便さにもかかわらず、知っておくべきいくつかのデメリットも存在します。

他の記事には載っていない、独自の情報を交えながら、除毛クリームのデメリットに迫ってみましょう

ぴょんす

表(メリット)があれば裏(デメリット)もある!!

肌トラブルのリスクあり(特に敏感肌の方)

除毛クリームには毛を溶かすための有効成分が含まれていますが、これが肌に刺激を与えたり、アレルギー反応や肌荒れを引き起こす可能性があります。

特に敏感肌の方や以前に肌トラブルを経験したことがある方は、パッチテストを行うことをおすすめします。

ぴょんす

初めて使うひとは自分の肌に合うか確かめるのが無難かな!

使うクリームや、その日の体調、相性などによっても肌トラブルの可能性は変わります。

除毛クリームが自分の肌に合うか確かめるパッチテストの方法については、上記で解説しています。

肌に合わない場合は、別の選択肢を考えて除毛クリームは使用しない方がいいでしょう!

また、刺激により、ピリピリした痛みが出る可能性もあるのでを選ぶようにしましょう!

一時的な効果!根本的な解決ではない

除毛クリームのデメリット!一時的な効果!根本的な解決ではない

除毛クリームは毛を表面から処理するため、その効果は一時的。

毛根が完全に処理されていないため、再生までの時間が短く、キレイな状態を継続するには頻繁な使用が必要です。

ぴょんす

カミソリよりは効果(毛が生えてくるまでのスピード)は長いとされます!

基本的には、一時的なものと考えてOK!!

半永久的にキレイでありたいなら医療脱毛一択です!

独特な匂いがする商品や独特な使用感の商品もある

一部の除毛クリームには、白髪染めのようなツーンとする特有の匂いが付いているものがあります。

また、クリームを塗布している間、商品によってはチクチクとした違和感を感じることもあります。

処理中の臭いや感触に耐えることが、使いやすさを左右するかもしれません。

ぴょんす

今はパイナップルの匂いとか、イヤな匂いを抑えた商品も多いからどの商品を選ぶかが重要!

ミュゼの除毛クリームは、ホワイトシトラスの香りです。

体毛の種類や処理箇所に影響される効果のバラつき

除毛クリームの効果は、個人差や毛の質、処理する部位によって異なることもあります。

細かい毛や硬い毛に対しては効果が限定的で、完璧な除毛が難しい場合も。

自身の毛質や処理したい箇所に合わせて判断しましょう。

ぴょんす

一度使ってみたらその感覚がわかるはず!

色素沈着を引き起こす可能性もある

除毛クリーム使用後に、肌に色素沈着が生じることがあります。特に濃い肌や日焼けした肌では注意が必要。

目立たない部分でテストして、色素沈着のリスクを見極めることが大切です。

ぴょんす

記事前半で解説したパッチテストをやってみよう!!

除毛クリームの利便性に心惹かれる一方で、これらのデメリットを考慮することは大切。

肌の健康と照らし合わせながら、最適なムダ毛処理方法を見つけることをお勧めします!

これをすれば不安は解消!デメリット(肌トラブル)の対策を紹介

上記では、肌トラブルやイヤな臭い・効果の短さなどのデメリットについて解説してきました。

ここでは、そのデメリットを解決する方法をお伝えしていきます。

肌トラブルが不安な人はパッチテストを推奨

除毛クリームには注意が必要なポイントもあります。皮膚の敏感な方にとっては、この有効成分が原因で刺激を引き起こす可能性があります。

パッチテストを行うことで、自分の肌がクリームに対してどのように反応するかを確認することが重要です。

ぴょんす

まずは自分の肌に合うかテストしよう!!

▼パッチテストの方法▼

STEP
二の腕の内側に10円玉程度の
量のクリームを塗る

試すだけなので少量でOK!!

肌トラブルが不安な人はパッチテストを推奨
STEP
10分間待つ

そのまま放置して待とう!

STEP
水やぬるま湯で洗い流し24時間以内に赤みやかぶれなどの症状がないか確認

なければ実際に使用してみよう!!


24時間経過しても、赤みやかぶれがなければその除毛クリームを使用してOK!!

また、敏感肌など肌が弱い人は、肌への負担を抑えた肌に優しい成分を使っている除毛クリームを使うようにしましょう!

は、エステ帰りのような肌を再現させる18種類の保湿成分を含むため、乾燥肌の人にもオススメ!

あの脱毛で有名なミュゼがだしている人気除毛クリームです。

嫌なツンとしない匂いの商品を選ぶ

除毛クリームって、鼻にくるツンとする臭いがして塗るのも、待つのもツラい。。

青年B

白髪染めみたいな臭いがするよー。あんまりこの臭い得意では無いな。。

臭いが受け付けなくて除毛クリームを断念する人も多くいます。

単純ですが、解決策としては除毛クリーム特有の匂いがしないものを選ぶこと。

は、匂いが気にならないホワイトシトラスの香り

高頻度で使えるように大容量のものを選ぶ

除毛クリームを使っても。ツルツルで居られる期間は一週間〜長くても三週間程度(人により異なる)。

ぴょんす

単発ではなく、定期的にキレイにしたい人は高頻度で使える大容量のものを選ぼう!

多くの除毛クリームは100〜150g程度ですが、は、たっぷり広範囲に数回使える250g入りだからコスパも良。

ぴょんす

毎回、毎回買うのって結構大変!

除毛クリームでムダ毛を処理したあとは保湿する

除毛クリームの中には保湿成分が配合されているものがありますが、除毛後の肌は普段よりもデリケートになっています。 

処理後は別で、保湿クリームや化粧水を使ってのアフターケアがマスト。 アフターケアには『ミノンの保湿クリーム』がオススメ!

まとめ

除毛クリームのメリット・デメリットとその肌トラブル対策方法について解説してきました。

脱毛にも、カミソリ剃毛にも、除毛クリームにもそれぞれメリットとデメリットがあります。

自分のゴールや、リスク・金銭面などを考えてピッタリな選択肢で清潔感あふれるさわやかメンズを作っていきましょう!

ブログ村

イケおじになる! - にほんブログ村

FC2ブログ

人気ブログ

人気ブログランキングでフォロー
除毛クリームのメリットとデメリットは?絶対知っておくべき解決方法についても解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次