何をしても無敵の時は終わり!綺麗肌のために30代男性が見直すべき習慣7選

若い頃は肌がすごく綺麗だったのに、30代を過ぎると肌トラブルが多くなった気がする。

昔はどんな生活をしてもニキビなんてできなかったのに…

肌は衰えていきます。細胞の生まれ変わりが早いのも、代謝がいいという事もあり10代、20代は肌トラブルの回復が早かったりします。

でも30代を過ぎると年齢とともに、昔のようにすぐニキビが治らなかったり、肌が脂っこくなってきたりとそんな悩みはありませんか?

周りの友人から肌の事について相談を受けることも多く、肌トラブルが続いている人には共通してやっている習慣が見えてきました。

このついやりがちな習慣を、実際に見直して肌がどんどん綺麗になっていった友人が複数います。

あなたはこれらの行動を普段からしていませんか?ぜひ、日頃の行動をチェックしてみてください!

この記事で分かること
  • 肌を綺麗にするためにすべき行動
  • ニキビができる原因
  • そのための対策
目次

30代男性が綺麗肌のために見直すべき習慣7選

10代・20代の頃の何をやっても肌が綺麗!という訳にもいかなくなる30代。30代からは特にしっかり日々の習慣から見直すべきです。

生活の乱れ


バランスの取れていない食生活が原因でニキビができてしまう人はかなり多いでしょう。ついつい体に悪い物食べ過ぎていませんか?

□原因
脂っこい食事・ファーストフード・甘いお菓子・インスタント食品を食べすぎる事で皮脂(脂がたまる)の分泌が増加⇨毛穴に詰まる⇨毛穴から詰まった脂が出れなくなる。

毛穴に皮脂が溜まると常在菌である『ニキビ菌』がエサがある!と集まってきて炎症を起こしてニキビとなる


良い食事は美肌を作る栄養になります。内側からニキビケアしていきましょう!

□対策

  1. 脂っこい食事・ファーストフード・甘いお菓子・インスタント食品を食べる回数を減らす。
  2. 肌荒れの解消を助けるビタミンEを取る⇨いわし・ほうれん草・ブロッコリーなどの緑黄色野菜
  3. 便秘の改善に役立つ食物繊維を取る⇨キャベツ・わかめ・キウイ・リンゴ(皮ごと食べると◎)を取る。
  4. 皮脂量をコントロールするビタミンB2、B6を取る⇨納豆・レバー・バナナ・シャケ。卵など
  5. 暴飲暴食を控える。

ボクの場合、お菓子を食べた次の日は、ほぼニキビができていました。お菓子を食べる回数を極端に減らしました

睡眠不足

睡眠は健康な体を作るにも、きれいな肌を作るにもかなり重要です。睡眠を見直してみましょう!

□原因
睡眠不足によるターンオーバー(細胞の生まれ変わり)に悪影響を及ぼしますことに。

肌細胞を活性化させる成長ホルモンが低下します。その結果、肌から水分が失われ肌のハリが失われる。


美肌に導く為の睡眠のポイント☆

□対策

  1. 睡眠開始から3時間が成長ホルモンの分泌が1番多いため3時間は肌のゴールデンタイム(22時〜2時の間)中の睡眠を確保する。⇨10時か11時に寝る。
  2. 寝る前にスマホ・PCを見ない⇨ブルーライトは睡眠の質を落とす。寝る前もスマホを見てしまう人の対策はブルーライトカットのメガネかフィルターを付けること。
  3. 寝る3時間前までに夕食を済ませる⇨内臓は消化活動を優先する為、内臓が休まらない。結果、消化不良をおこす。3時間確保できない方の対策は消化のよいものを食べること。
    腸美人は肌美人!!

やはり、夜更かしが続くと肌に現れます。

水分摂取不足

水をいっぱい飲むと肌が綺麗になる。そんな話を聞いた事がある人も多いのでは?実際に水を飲む事は健康にも美肌に効果があります。

□原因

水分不足により、肌が乾燥しがち、または皮脂が多くなる。そして、肌から水分が失われ乾燥がおきる原因となる。

水分不足から脱水状態が起こる⇨血液がドロドロに⇨肌のターンオーバーが乱れる。そして、肌から水分が失われ乾燥がおきる原因となります。

乾燥肌を作らない事がポイント☆

□対策

  1. 毎日約2リットルの水を飲む。(コーヒーやお茶は含まない
  2. 30分に1回水分補給をする。
  3. 温度は37〜40℃のぬるい水を飲む。
    冷たい水は内臓を冷やし新陳代謝を低下させる。

ちびちび水分補給する事を心掛けましょう!

顔をペタペタ触ってしまう

ついクセで手で顔を触ってしまう。気になるニキビをつい触ってしまう。そのクセ危険です!

□原因

色んな場所を触った手で顔を触るとバイ菌などが顔につきやすくなります。手がキレイな場合でも肌に摩擦がかかると肌荒れを起こしやすくなります。

□対策

  1. とにかく手で顔を触らない事を強く意識する。
  2. マッサージなど顔を触る際は摩擦をできるだけ減らすため乳液などをつけてスベりをよくする。

つい無意識で触ってしまう。。意識する事が大事ですね!

洗顔のしすぎ

洗顔をすればするほど肌がきれいになる。ゴシゴシ洗えば汚れが落ちる。そんな風に思っていませんか?

その行動は実は肌に負担がかかっています。

□原因

洗顔のしすぎは、必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。肌のバリア機能を高める皮脂まで落としてしまうと乾燥を引き起こし、肌への悪影響が起こります。

ニキビが気になるが故にしっかり洗おう!その気持ちすごく分かります。正しい洗顔を行えばキレイな肌を作れます。

□対策

  1. 洗顔回数は1日1〜2回で乾燥しやすい人は洗顔料を付けずにぬるま湯だけでもOK!
  2. ニキビ用の洗顔料を使う。
  3. 洗顔する時はゴシゴシ力を入れて洗わない。
  4. 洗顔後はすぐに保湿する。

30代男性にオススメな洗顔料はこちら▼

体の冷えを作る

体の冷えもニキビができやすくなる一つの要因になります!血行不良に繋がるタバコも肌のためには良くありません。

□原因

体が冷える事で体内の血の循環が悪くなり代謝が低下します。結果、肌の細胞まで栄養が届いかないように。
ホルモンバランスを乱れ、冷えが続けば肌も乾燥しニキビができやすくなる。

特に女性など、冷え性の方は要注意です。

□対策

  1. 夏場でも冷房下では冷えないよう洋服を着込む。
  2. 冷え過ぎた飲み物を飲まない。
  3. 体をあっためる食材を取る(生姜、にんじん、かぼちゃなどの根菜類や納豆、チーズなどの発酵食品)

紫外線ダメージを大量に受ける

紫外線は肌にとって大敵です。老けにも繋がります。しっかり対策しておきたいですね!

□原因

皮脂は紫外線を浴びる事で毛穴が詰まりやすい環境になってしまいます。大量の活性酵素が発生することでニキビをさらに炎症させてしまうことに。

さらに、ニキビが日焼けするとシミになる可能性も。

紫外線が強いのは夏だけではありません。3月頃から急激に強くなり、1日の中では10時から14時ごろが最も強いとされます。

□対策

  1. 外出時は日焼け止め(自分の肌に合う物)を使う。
  2. 日焼けをしたら患部を冷やし保湿する。
  3. 日焼けダメージ予防として抗菌作用のあるビタミンA、C、Eの食材(ブロッコリー、トマト、魚など)を積極的に食べる。


僕が使っている日焼け止めです。水のように伸びて使いやすいです▼

おわりに


ニキビができる人にはそれぞれ日々の悪習慣が原因で肌荒れを起こしている可能性があります。

上記で解説した原因と対策を一つずつぜひ、試してみてください!

現在ニキビがない人も、できてから対策するのではなく、普段から予防にも力を入れる事が大事だと思います。


ブログ村

イケおじになる! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる